2012年04月05日

みどりむしサプリ「バイオザイム」

みどりむしサプリメント「バイオザイム」オススメ!

バイオザイム.jpg

「バイオザイム」は、東京大学で培養に成功したみどりむしを乾燥粉末にしてから、飲みやすいようにカプセルに閉じ込めた「みどりむしサプリメント」です。

ユーグレナラシス(みどりむし)、ローヤルゼリー、鮫軟骨抽出油(コンドロイチン含有)、ビール酵母、ゼラチン、ステアリン酸Ca(酸化チタン、鉄葉緑素)が配合されています。

こんな方におすすめです

◯ 効果的なダイエットをしたい

◯ アレルギーがつらい

◯ 疲れが取れない

◯ 美肌を取り戻したい

◯ 便秘を解消したい

◯ 生活が不規則になりがち

◯ 関節痛がつらい

等々・・・

詳しくは>>>
バイオザイム正規取扱店みどりむし市場


posted by みどり at 20:29| みどりむしサプリ「バイオザイム」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「アディポネクチン」って?

みどりむしサプリメント「バイオザイム」1か月飲用で倍増する「アディポネクチン」

最近の研究により、『メタボリックシンドローム』と密接に関連しているタンパク質「アディポネクチン」が発見されました。
この「アディポネクチン」はなんと、脂肪細胞自身が分泌している善玉のアディポサイトカインなのです。

この善玉「アディポネクチン」の研究で、標準的な体格の人の血液中には多く存在し、内臓脂肪が増加すると、反対にアディポネクチンは減少することが明らかになりました。

各大学の研究で明らかになった「アディポネクチン」がもたらす効果

◯ 血糖値を下げるインスリンを効きやすくさせる

◯ 脂肪の燃焼促進

◯ 持久力を生む筋繊維を生成

◯ 骨量増加作用を発見

◯ 真皮ヒアルロン酸合成促進作用を発見

スーパー健康ホルモン・長寿ホルモン・若返りホルモンと異名を持つだけのことはあります。




詳しくは>>>バイオザイム正規取扱店みどりむし市場


posted by みどり at 09:30| アディポネクチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

「みどりむし(ユーグレナ)」の栄養素についてのおすすめ動画

みどりむしのサプリメント「バイオザイム」の正規販売店の動画です。
栄養素と効果についてとても詳しく説明しています。必見です!





詳しくは>>>バイオザイム正規取扱店みどりむし市場


posted by みどり at 00:00| みどりむし動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

「みどりむし」が持つ”パラミノン”に注目

パラミロンとは、キノコなどにも含まれているβ-グルカンの一種でみどりむし(学(ユーグレナ)にしか含まれてない成分です。

現在、医薬品などの応用も期待されている成分です。

β1.3-グルカンが凝縮された塊で、ユーグレナだけに含まれる大変貴重な成分です。

表面には無数の小さな穴が開いているので、吸油性と吸水性に優れコレステロールや脂肪を取り込むことができます。しかも食物繊維のように消化されにくい特性を持っているためそのまま排出できる利点もあります。さらに、ユーグレナにはクロロフィル(ほうれん草などに含まれる葉緑素)も豊富に含んでおり、体の中をスッキリキレイにしてくれる効果もあります。

これまでの研究で明らかにされた効果

● コレステロール低減作用

● 抗腫瘍作用

● 抗がん剤併用による相乗作用、抗がん剤副作用低減

● 感染症予防効果

● 肺炎

● 創傷早期治癒効果

● 呼吸器障害

● 造血、骨髄増殖作用

● 放射線、電磁波予護効果

● ストレス軽減

● 糖尿病改善作用

● 皮膚組織習元作用、UV防護作用

● 抗酸化、活性酸素除去作用

● 歯科治療との併用により相乗作用
posted by みどり at 00:00| パラミノン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

みどりむし(ユーグレナ)の栄養素

「食物問題」「環境問題」に役立つ可能性の高い「みどりむし(ユーグレナ)」

「食」としてのユーグレナの可能性は、動物と植物の中間微生物であるという性質から、ビタミン、ミネラル、アミノ酸など、人間にとって必要な栄養素のほぼすべてを、“天然”で保有しているということです。

ユーグレナに含まれる栄養素の一覧です。
ユーグレナ栄養素.gif

ユーグレナには、これだけ多くのビタミン、ミネラル、アミノ酸などが含まれています。

ユーグレナの栄養吸収効率
ユーグレナ栄養吸収率.gif

ユーグレナは、動物細胞であるため、植物細胞のような「細胞壁」を持っていない。「細胞膜」のみであるため、人間はその栄養素を直接吸収することができ、栄養吸収効率が非常に良いのです。

posted by みどり at 00:00| みどりむし(ユーグレナ)の栄養素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

ミドリムシとは?

みどりむしミドリムシとは、鞭毛虫の仲間であるミドリムシ属 Euglena の総称。Euglena の由来は、(eu 美しい + glena 眼点)。名称としてミドリムシの代わりに「ユーグレナ」と呼ぶ事もあるもあるようです。

「ユーグレナ」は地球上で現在発見されている唯一の、動物と植物の中間的な微生物です。一般的には、水田などに生息する「ミドリムシ」といった方がイメージ出来るかも知れません。

「ユーグレナ」は、その成長の過程で、ものすごいスピードで二酸化炭素を吸収・固定化する特徴をもっています。その特徴が地球温暖化防止に役立つのではないかと、実用化に向けて研究が進められているようです。

また、「ユーグレナ」の動物と植物の双方のバランスのよい栄養素について、食料問題の観点からも注目されています。

小学校の理科で習った通り、植物は光と水と二酸化炭素で光合成をして成長します。植物は自分で動けないため、光合成可能な環境であれば成長しますが、そのような環境にない場合は成長出来ません。一方動物は、環境適応可能な場所を求めて自分で動くことが出来ます。

「ユーグレナ」の特殊な生態は、(植物として)成長するために光合成可能な場所を必要とします。しかし一方で、「ユーグレナ」は動物でもあるため、生育可能な環境を求めて自分で動くことが出来ます。そんな植物と動物の機能を兼ね備えた不思議な微生物なのです。

posted by みどり at 11:34| ミドリムシとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「みどりむしサプリメント」に興味を持ったキッカケ

先日、とても興味深く観たテレビ番組
ディスカバリーチャンネル "Curiosity好奇心の扉 人体に棲む微生物とは?"

様々な細菌や微生物が人間のカラダの中も外も取り巻いているのは、それとなく認識していましたが、この番組を観て、その状態が「寄生」しているのではなく人間と「共生」していることが分かり、とても衝撃を受けました。

つまり、微生物は守ってくれているんです。今まではひたすら排除しようと、しつこいくらいに手を洗い、うがいをしたり・・・。悪玉菌と善玉菌についても、悪い菌は敵!徹底的に排除せねば、と思ったら、日ごろ味方の菌があるとき場所を変えて徹底攻撃してやっつけてくれたり。

驚いたのは、種類のまったく違う微生物同士がコミュニケーションができ、必要に応じて合体して外敵から人体を守ってくれたり、体のパーツ毎に適応する微生物が棲んでいたり。

これまで何かと処方されてきた抗生物質も体内環境に悪影響を及ぼしたり、耐性菌を作り出すなど危険があることが分かってきました。

肥満の話題になったとき何の関係があるのかと思ったが、説明を聞いて納得。

胃癌の原因のピロリ菌を退治すると、今度は食道癌など別の器官で癌が台頭してしまったり、菌などの微生物の世界は奥深いものなんです。人間の健康は、カラダに棲みつく微生物バランスがとても重要だと感じました。

体中に、沢山の種類の細菌や微生物がウジョウジョしている映像は衝撃的でしたが、微生物も棲家である人の体を快適環境を保つのに日夜セッセと働いています。もちろん人の体同様、果物や野菜の中にも様々な微生物がたっくさん。バランス良く摂取することが大事だそうです。

この番組を観て以来、それまで目にしていたものの「気持ち悪い」と毛嫌いしていた「みどりむしサプリメント」に興味が湧いて来ました・・・。

色々調べたことをこれからまとめて書いていきます。
posted by みどり at 10:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。